1つのローカルリポジトリに複数のリモートリポジトリを登録する

ローカルリポジトリに複数のリモートリポジトリを設定する方法になります。
remote add を使ってoriginと別のリモートリポジトリをラベルに設定して管理することができるようです。

複数のリモートリポジトリを管理して、作業することがあるのでメモとして残しておきます。

リモートリポジトリの確認

現在のリモートリポジトリを確認するコマンド

  
git remote -v
origin git@github.com:redamoon/hogehoge.git (fetch)
origin git@github.com:redamoon/hogehoge.git (push)
  

別のリポジトリを登録する

すでにローカルのリポジトリとリモートのリポジトリを作成している状態で
別のリモートリポジトリを登録させます。

ラベルの名前は好きな名前をつけることができます。
クライアント名だったり、リポジトリのサービス名など好きな名前をつけるようにして、
管理しやすい名前を設定させておきます。

foofooという部分がラベル名になります。

  
git remote add foofoo git@github.com:redamoon/foofoo.git
  

git remoteすると新たにfoofooという名前でリモートリポジトリが表示されます。

  
git remote -v
foofoo git@github.com:redamoon/foofoo.git (fetch)
foofoo git@github.com:redamoon/foofoo.git (push)
origin git@github.com:redamoon/hogehoge.git (fetch)
origin git@github.com:redamoon/hogehoge.git (push)
  

それぞれのリポジトリへPushする

それぞれのリポジトリへPushする方法は、pushの後にラベル名を入力しブランチを指定して実行させます。

メインリポジトリのmasterブランチへPush

  
git push origin master
  

作成した別リポジトリのmasterブランチへPush

  
git push foofoo master
  

remoteリポジトリの削除

  
git remote rm foofoo
  

参考サイト

必要に応じてやってましたが、いつもやり方を忘れてしまってぐぐっていたのでメモしておきました。
個人的に使うのであれば、リポジトリのバックアップとして別サービスや自前のサーバ内に残すというのもありかもしれませんね。

Author

札幌でフロントエンドエンジニアとして働いています。好きな音楽はSIAM SHADE!
SIAM SHADEの六人目のメンバーとして日々ロックを愛し続けている。
HTML,CSS,JavaScriptをベースにCMS構築が得意です。
HAMWORKS社員 https://ham.works